解決ネット2017年1月学習会「神栖のいま」

化学兵器被害解決ネットワーク学習会

神栖のいま

講師: 北宏一朗氏 (化学兵器被害解決ネットワーク)

日時: 2017年1月11日(水)18:30-20:30

場所: 文京区民センター 3階 3C 会議室

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html

資料代: 500円

2003年、茨城県の神栖で、住民からの訴えにより、井戸水に環境基準450倍の有機ヒ素化合物のジフェニルアルシン酸が混入していることが確認されました。汚染源のコンクリート様の塊が発見されたことを記憶されていらしゃる方も多いと思います。

その後、公害等調整委員会により県の責任が認められ、被害者に対して医療保障が行われました。

同時期、旧防衛庁が環境省に提供した資料によると、神栖の他の地区でルイサイト3缶が発見されたと記載されていたそうですが、そのルイサイトの行方はわかっておりません。

この毒ガスの行方と現在の神栖について、北氏から報告していただきます。

最近のブログ記事

解決ネット2017年1月学習会「神栖のいま」
化学兵器被害解決ネットワーク学習会 神…
「NO MORE化学兵器2016」
今年の「NO MORE化学兵器2016」…
化学兵器被害解決ネット2016年9月学習会「敗戦直後、真鶴沖に遺棄された毒ガス」
「敗戦直後、真鶴沖に遺棄された毒ガス」日…